• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > J > JV-1000 > 【 JV-1000 】 JV-1000で作成したSONG DATAをSMFでSAVEし、再度SMF LOADした時、SONG DATAがなくなってしまいました。
  • No : 78295
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 JV-1000 】 JV-1000で作成したSONG DATAをSMFでSAVEし、再度SMF LOADした時、SONG DATAがなくなってしまいました。

カテゴリー : 

回答

JV-1000のシーケンサーは、MIDI OUTを2系統装備し、トラック毎にDATAをどちらのMIDI OUTから出力させるかを選択できる、「アウトプットアサイン機能(FUNC 11)」を持っています。

例えば、MIDI OUT-1からは1~4トラックを、MIDI OUT-2からは5~Rトラックと設定した場合、それぞれのトラックに、同一のMIDIチャンネルのデータが存在しても、混同される事なく、完全に独立して2つの音源を使用する事ができます。

※JV-1000でのMIDI OUT-1は、インターナル音源につながり、MIDI OUT-2はSEQ OUTに通じています。

※テンポトラックにはアウトプットアサインはありません。

このDATAを、SMF形式でDISKにSAVEした場合、結果として、1~4トラック及びテンポトラックのDATAのみ、SMFとしてSAVEされることになります。(5~RトラックのDATAはSAVEされません。)

「アウトプットアサイン機能」は、JV-1000のシーケンサー固有の機能であり、SMFでは、「トラックの出力先」というようなDATAは存在しません。各トラックのDATAがどの様に出力されるかは、LOADした機器やソフトウェアの設定に依存します。

このため、JV-1000では、MIDI OUT-1に出力されるように設定されているトラックのDATAのみをSMFとしてSAVEし、MIDI OUT-2に設定されていたDATAはSAVEされません。再度DISKからLOADした時には、DATAが存在しない状態になってしまいます。

作成した全トラックのDATAをSMFにコンバートする為には、アウトプットアサイン(FUNC11)にて、各トラックの出力を、MIDI OUT 1もしくはMIDI OUT1+2から出力される様に設定して下さい。従って16パート以上の演奏データをSMF形式でSAVEすることは出来ません。

※これと同様に、JV-1000シーケンサー固有の機能に関する設定は、SMF DATAには保存されませんのでご注意下さい。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます