• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > J > JC-120 > 【 JC-120 】 移動時などに、アンプ内部よりシャリシャリと薄い金属板が触れ合うような音がしますが、どうしてでしょうか?
  • No : 77980
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 JC-120 】 移動時などに、アンプ内部よりシャリシャリと薄い金属板が触れ合うような音がしますが、どうしてでしょうか?

カテゴリー : 

回答

この音は、JC-120 内部の「リバーブ・ユニット」から出ている音です。
故障などではありませんのでご安心ください。
ご参考 :
JC-120 では、リバーブ (残響) を付加するためにリバーブ・ユニットと呼ばれる部品を使用しています。
この内部には残響音を得るために、スプリング(ばね)が内蔵されており、
JC-120 本体に振動が加わると、スプリングが振動してシャリシャリというような音が聞こえます。
なお、思わぬトラブルや故障を避けるために、JC-120 本体に過度な振動が加わらないようにご注意ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます