• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > G > GT-6B > 【 GT-6B 】 搭載されているエフェクトの中に、ベース・シンセがあります。これを使うと、どのような音作りかできますか。
  • No : 77414
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 GT-6B 】 搭載されているエフェクトの中に、ベース・シンセがあります。これを使うと、どのような音作りかできますか。

カテゴリー : 

回答

ベース・シンセの発音方式には、「内部音源方式」と「波形整形方式」の2つがあります。
それぞれの特徴と創り出される音について紹介します。

  • 内部音源方式

    入力されたベース音から、ピッチ(音の高さ)情報とアタック(弾弦)情報を検出して内部音源を発音させます。
    スクエア(方形)波・ノコギリ波を発音させることができます。

  • 波形整形方式

    ベースの入力音を直接加工してシンセ・ベース・サウンドを創り出します。
    Brass(波形整形により、音の立ち上がりが早く、エッジが尖った音を出力します)・Bow(波形整形により、アタック感が無く柔らかい音を出力します)を選択することができます。

これらの方法で作られた音に対して、カットオフやレゾナンスを設定したり、ノイズ成分を加えたり、さまざまな加工をすることができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます