• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > G > GT-5 > 【 GT-5 】 グローバル機能の「Your Setting?」には、"Line"や"Gt.Amp(Combo)"など、いろいろな設定があります。この設定を変更すると、どのように音が変化する仕組みなのですか?
  • No : 77378
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 GT-5 】 グローバル機能の「Your Setting?」には、"Line"や"Gt.Amp(Combo)"など、いろいろな設定があります。この設定を変更すると、どのように音が変化する仕組みなのですか?

カテゴリー : 

回答

Gt.Amp(Combo)

アコースティック・ギター・シミュレーターがONの場合は、ギター用スピーカーでは出ない高域をブーストして補正します。

フラットな特性のアンプ+スタックタイプのギター用スピーカーに接続する場合に最適です。

また、プリアンプのタイプがBG Lead,MS1959,SLDN Lead,Metal 5150,Metal Driveの場合は、COMBOタイプのギター用スピーカーでは出しにくい低域をブーストして補正します。

また、アコースティック・ギター・シミュレーター,プリアンプそれぞれがONの場合には、ギターアンプのTONEツマミ(BASS,MIDDLE,TREBLE)の特性をキャンセルするように補正します(TONEツマミの逆特性のフィルターがONになります)。

ギターアンプのフロントインプットに接続する場合に最適です。また、ギターアンプのTONEツマミがBASS,MIDDLE,TREBLEがすべて"5"の状態を想定しています。

Gt.Amp(Stack)

アコースティック・ギター・シミュレーターがONの場合は、ギター用スピーカーでは出ない高域をブーストして補正します。

フラットな特性のアンプ+スタックタイプのギター用スピーカーに接続する場合に最適です。

また、アコースティック・ギター・シミュレーター,プリアンプそれぞれがONの場合には、ギターアンプのTONEツマミ(BASS,MIDDLE,TREBLE)の特性をキャンセルするように補正します(TONEツマミの逆特性のフィルターがONになります)。

ギターアンプのフロントインプットに接続する場合に最適です。また、ギターアンプのTONEツマミがBASS,MIDDLE,TREBLEがすべて"5"の状態を想定しています。

Power Amp(Combo)

アコースティック・ギター・シミュレーターがONの場合は、ギター用スピーカーでは出ない高域をブーストして補正します。

フラットな特性のアンプ+スタックタイプのギター用スピーカーに接続する際に最適です。

また、プリアンプのタイプがBG Lead,MS1959,SLDN Lead,Metal 5150,Metal Driveの場合は、COMBOタイプのギター用スピーカーでは出しにくい低域をブーストして補正します。

フラットな特性のアンプ+コンボタイプのギター用スピーカーに接続する場合、例えばJC-120などのコンボタイプのギターアンプのRETURNに接続する場合に最適です。

Power Amp(Stack)

アコースティック・ギター・シミュレーターがONの時のみ、ギター用スピーカーでは出ない高域をブーストして補正します。

フラットな特性のアンプ+スタックタイプのギター用スピーカーに接続する際に最適です。

Line(Headphones)

補正を一切行いません。ヘッドホンやMTR,MIXERに直接接続する場合に最適です。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます