• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > G > GT-001 > 【 GT-001 】 DAWソフトウェアに録音したギターの音にGT-001のエフェクトをかけて録音し直す方法を教えてください。
  • No : 77314
  • 公開日時 : 2014/06/25 09:48
  • 更新日時 : 2020/03/16 15:17
  • 印刷

【 GT-001 】 DAWソフトウェアに録音したギターの音にGT-001のエフェクトをかけて録音し直す方法を教えてください。

カテゴリー : 

回答

 以下の手順で録音してください。
  1. ギターの音が録音されているオーディオ・トラックのアウトプットを「GT-001 SECONDARY」に設定します。
  2. エフェクトをかけた音を録音するための、空のオーディオ・トラックを追加します。
  3. 追加したオーディオ・トラックのインプットに「GT-001 PRIMARY」を選び、録音待機の状態にします。
  4. 録音を開始します。

※ DAWソフトウェアの入出力が、「4 in/4 out 以上に対応している必要があります。
※ MacOSの場合、使用するDAWソフトウェアよって、「PRIMARY」は「1-2」、「SECONDARY」は「3-4」と表示されることがあります。
 
【 録音し直した音に別の音が混じる場合 】
  • GT-001本体の設定で、LOOP BACKが「OFF」になっていることをご確認ください。
  • 各トラックのアウトプット(メトロノーム設定など)を確認して、「GT-001SECONDARY」が選ばれていないことを確認してください。
  • 元のギタートラックを「ソロ」に設定して、録音をお試しください。
  • INPUT端子にギター(マイク)が接続されている場合は、GT.LVL(MIC.LVL)を「MUTE」に設定してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます