• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > F > FR-2 > 【 FR-2 】 デジタル方式の FR-2 は、アコースティック(生)のアコーディオンと比べてどのような利点がありますか?
  • No : 76927
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 FR-2 】 デジタル方式の FR-2 は、アコースティック(生)のアコーディオンと比べてどのような利点がありますか?

カテゴリー : 

回答

FR-2 は、アコースティックのアコーディオンと比べると以下の利点があります。

さまざまなタイプのアコーディオンを実現

  1. バンドネオンやアルペンなど世界各地の個性的なアコーディオンの音を、設定を切り換えることで出すことができます。また、ミュゼット・チューニングにも対応し、デチューンの深さも曲にあわせて自在に設定できます。
  2. 左手ボタン配列は、奏法に合わせてベースを 2列にするか 3列にするかを選択できます。
  3. アコーディオン音色に加えて、フルートやサックス、オルガンなど、蛇腹(ベローズ)の表現力を最大限に活かせるオーケストラ音色もあります。また、ベース音色も、アコースティック・ベースやエレクトリック・ベースのバリエーションがあります。
  4. 音に空間的な広がりを与えるリバーブやコーラス、ディレイを内蔵。メロディを引き立て、ホールのような演奏感も演出できます。

デジタル・アコーディオンならではの使いやすさ

  1. 音量調節が自在で、ヘッドホンを使えば夜間の練習なども気兼ねなく行えます。
  2. アコースティック・アコーディオンのような定期的なリードのメンテナンスなどは必要なく、安定したチューニングが持続します。
  3. アンプやミキサーに直結できるため、ステージでマイクを使用した時のようなハウリングの心配がありません。
  4. ギター用のワイヤレス・システムを使えば、通常のアコースティック・アコーディオンと同様の自由なステージングを実現することができます。
  5. MIDI 接続による外部シーケンサーを使った録音や、自動演奏が可能です。また、外部音源を接続できるので、演奏できる音色がひろがります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます