• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > D > Digital Snake > 【 Digital Snake 】 デジタル・スネーク・システムで使う、スイッチング・ハブの推奨通信プロコトルはどのようなものですか?
  • No : 75684
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 Digital Snake 】 デジタル・スネーク・システムで使う、スイッチング・ハブの推奨通信プロコトルはどのようなものですか?

カテゴリー : 

回答

デジタル・スネークでの良好なデータ通信のためには、 1000base-T (IEEE802.3ab、ギガ・ビット・イーサーネット) 対応のスイッチング・ハブの使用を推奨します。

ご参考:
REAC 機器の通信プロコトルは 100base-TX (ファスト・イーサーネット)を使用しています。
REAC 機器は 40 チャンネルのデジタル・オーディオ・データを転送するために、
このプロコトルの全帯域幅を使用します。
しかし100base-TX スイッチング・ハブのなかにはこの量のデータ通信を扱えないものがあります。
1000base-T (IEEE802.3ab、ギガ・ビット・イーサーネット)対応のスイッチング・ハブであれば、
100base-TX プロコトル以上のデータを高速で扱うことができます。
ご注意:
1000BASE-TX では、高速対応の点では問題ありませんが、Cat5e のケーブルが使えないなどの問題があります。その他詳細については、ハブの取扱説明書をご参照ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます