• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > D > Digital Snake > 【 Digital Snake 】 S-4000H にある入力端子には、可変ゲイン・プリ・アンプがなく、入力はライン・レベル(+4dBu)で固定されていますが、どうしてですか?
  • No : 75683
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 Digital Snake 】 S-4000H にある入力端子には、可変ゲイン・プリ・アンプがなく、入力はライン・レベル(+4dBu)で固定されていますが、どうしてですか?

カテゴリー : 

回答

S-4000H はミキシング・コンソールの付近で使用するよう設計されており、マイク、CD 音源その他手元の音源のオーディオ・レベルは、通常 S-4000H に入力される前段で、ミキサーなどの外部機器を使用してコンソールのオペレーターが調整することが可能です。

そのため、S-4000H の入力用プリアンプは省略されており、入力レベルは、業務機器標準 (+4dBu) 固定になっています。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます