• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > S > SONAR > SONAR Perfect Solution SD-90 モデル > 【 CWS3-SD90 】 オーディオ録音の際や、ソフトウェアシンセを MIDI 音源にして、MIDI キーボードからリアルタイム入力する際、レイテンシー ( 発音の遅れ ) が気になります。改善する方法を教えてください。
  • No : 75242
  • 公開日時 : 2014/01/14 12:32
  • 印刷

【 CWS3-SD90 】 オーディオ録音の際や、ソフトウェアシンセを MIDI 音源にして、MIDI キーボードからリアルタイム入力する際、レイテンシー ( 発音の遅れ ) が気になります。改善する方法を教えてください。

回答

ギターなどのオーディオの音声を録音する際や、ソフトウェアシンセを MIDI 音源にして MIDI キーボードからリアルタイム入力する際、入力された音声はシーケンスソフトの内部で処理されて出力されるため、演奏してから実際に出力されるまでに時間差 (ミキシング・レイテンシ ) が発生します。

ミキシング・レイテンシを無くすことは残念ながらできませんが、シーケンスソフトのバッファサイズの設定を変更することで、短縮することができます。

※どのぐらい発音の遅れを少なくできるかは、お使いのパソコンの処理能力に依存します。


バッファサイズの変更手順は以下のとおりです。

  1. ミキシングレイテンシを変更します。
    [ オプション ]メニューから [ オーディオ ] をクリックして「オーディオオプション」を開き [ 設定 ] タブにある「 ミキシングレイテンシ 」 欄で、以下の2項目を設定します。

    ■[ 再生バッファ数 ] を変更します。
    初期設定は 「 4 」ですので、「 3 」 -> 「 2 」 と減らしてみてください。

    ■[ バッファサイズ ] スライダーを変更します。
    初期設定では真中に設定されていますので、少しずつ左側 ( 応答速度重視 ) に設定してみてください。

     
  2. 設定を変更するごとに [ 設定 ] タブの左下にある [ オーディオデバイスの確認 ] ボタンをクリックし、オーディオデバイスの確認を行って設定を有効にしてください。

     

※バッファサイズを小さく設定すると、音切れやドロップアウトが発生することがあります。その場合は、以下の手順で 「 I/Oバッファサイズ 」 を変更してみてください。

  1. 「 オーディオオプション 」 を開き、[ 詳細設定 ] タブの中ほどにある [ I/O バッファサイズ ] を変更します。
    初期設定は「 64 」 ですので、「 128 」 -> 「 256 」 と増やしてみてください。
  2. 設定を変更するごとに [ 設定 ] タブの左下にある [ オーディオデバイスの確認 ] ボタンをクリックし、オーディオデバイスの確認を行って設定を有効にしてください。

【Cakewalk ソフトウェア ユーザー・サポート終了のお知らせ】
Cakewalk ソフトウェアのユーザー・サポートは、ティアック株式会社に移管いたしました。詳しくは、「Cakewalk ソフトウェア ユーザーサポート窓口移管のお知らせ」をご覧ください。


アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます