• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 74957
  • 公開日時 : 2014/01/17 16:05
  • 印刷

【 CGK-10W 】 Cakewalk9シリーズの新機能を教えてください。

回答

Cakewalk9シリーズの主な新機能として以下の5つがあります。

  1. 高速オーディオ処理によりスムーズなリアルタイム・ミキシング/エフェクトを実現

    Cakewalk9シリーズは、プログラムの改良により、高速なオーディオ処理とハイ・パフォーマンスを実現しました。マルチ・トラックによるオーディオのミキシング、複数エフェクトをリアルタイムで使用した際のレスポンスや処理能力が大幅に向上しました。

  2. Style Enhancer Micro Lite、Session Drummer(Pro Audio 9のみ)など、新しいMIDI FXプラグインを用意

    Style Enhancer Micro Liteでは、楽器ことに最適なヒューマン・フィールを与えることで、より自然で表現力あふれる演奏をつくり出すことが可能になりました。Session Drummer(Pro Audio 9のみ)は、ジャズやヒップホップ、ラテン、ダンスなど、複数のスタイルのなかから好みのパターンを選択していくだけで、曲のリズム・パターンやバッキングを簡単につくることができるようになりました。

  3. チューナー、ギター・アンプ・シミュレーター、フレット・ボードやタブ譜表示など、ギタリスト向け機能が充実 (Pro Audio 9のみ)

    オーディオ入力に対応したチューナーと、オーディオ・エフェクトにギター・アンプのパワフルなサウンドや歪みを再現するギター・アンプ・シミュレーターを装備しました。さらに、MIDIギター入力に対応したフレット・ボードや、MIDIデータをタブ譜として譜面 表示する機能など、ギタリスト向けの役に立つ機能が装備されました。

  4. 複数トラックの表示/編集ができるピアノロール・ウィンドウ

    MIDIデータをグラフィカルに表示/編集するピアノロール・ウィンドウが、複数トラックの同時表示/編集が可能になりました。

  5. MP3 出力にも対応したオーディオ・マスタリング機能

    作成したオーディオ・トラックは、マスタリング機能で各種オーディオ・ファイルとして保存することができます。Wave ファイルは、もちろん、MP3、Windows Media オーディオ・ファイル、Real Audio ファイルに対応し、インターネット上での作品配布に最適なオーディオ・ファイルの作成も簡単にできます。

 

 


【Cakewalk ソフトウェア ユーザー・サポート終了のお知らせ】
Cakewalk ソフトウェアのユーザー・サポートは、ティアック株式会社に移管いたしました。詳しくは、「Cakewalk ソフトウェア ユーザーサポート窓口移管のお知らせ」をご覧ください。


アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます