• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > C > CD-2 > 【 CD-2 】 CD-2 に録音する際に、一旦コンパクトフラッシュに録音した後に CD-R/RW に書き込んだ方が、ちょっと手間なようでもメリットがあると聞きましたが、 そのメリットとはどのようなものですか?
  • No : 74802
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 CD-2 】 CD-2 に録音する際に、一旦コンパクトフラッシュに録音した後に CD-R/RW に書き込んだ方が、ちょっと手間なようでもメリットがあると聞きましたが、 そのメリットとはどのようなものですか?

カテゴリー : 

回答

CD-2 で録音の際に、一旦コンパクトフラッシュに録音し、次に CD-R/RW に書き込むことで次のようなメリットが出ます。
  • 何度かいい録音ができるまで何テイクか同じ曲を録音し、その中で一番いい出来のテイクを選ぶことができる。
  • CD-R/RW に書き込む前に、さまざまな編集をすることができる。
    例えば、不要箇所カット、曲の分割など。
  • 録音後にマスタリング・エフェクトをかけ、その効果を実際に聞いて確かめた上で、 CD-R/RW に書き込むことができる。

ご参考 :
コンパクトフラッシュから CD-R/RW への書き込みは、すべてデジタルで行なわれます。
よって、テープ録音を繰り返し録音したときに生じるノイズの増加や音質の劣化はありません。
ダイレクト CD 録音機能についてのご注意 :
CD-R/RW への録音時、回転機構を持つ CD-R/RW ドライブの動作音が録音される場合があります。
この動作音が気になる場合には、録音はいったんコンパクトフラッシュ上に行い、
その後にコンパクトフラッシュから CD-R/RW に書き込んでください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます