• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > C > Cakewalk > ProAudio 9 > 【 Cakewalk Pro Audio 9 】 フレットボードを使って音符を入力する際、3連符を入力すると音が鳴り止まなくなり、入力した音名や音符がフレットボード上に表示されない(譜面上には表示されます)場合があります。
  • No : 74716
  • 公開日時 : 2014/01/17 15:38
  • 印刷

【 Cakewalk Pro Audio 9 】 フレットボードを使って音符を入力する際、3連符を入力すると音が鳴り止まなくなり、入力した音名や音符がフレットボード上に表示されない(譜面上には表示されます)場合があります。

カテゴリー : 

回答

この症状は、CW-PAの制限の一つとして確認されている症状で、以下の方法で対処します。

音が鳴り止まない問題については、[リアルタイム]-[パニックコマンド]を使うことで音を止めることができます。

また、音が鳴り止まなくなったタイミングに音符を入力する場合は、フレットボード以外の入力方法(例えば、譜面やタブ譜)を使って音符を入力します。

「症状とその原因」

フレットボードでの入力位置が、現在タイムの示す位置とずれてしまいます。

例えば、まだ何も入力されていない拍に対して、3連符の3つめの位置に入力した後、[SHIFT]+[←]で入力位置を変更すると、現在タイムは3連符の2つ目の位置に移動しますが、実際フレットボードで入力を行うと、3連符の3つ目の音符が書き換わります。

よって、フレットボード上では音名が表示されるのに、五線譜上に音符が表示されないように見えます。

また、このような入力を繰り返していると、フレットボード上の音名がクリアされなくなります。いずれもCakewalkの不具合が原因です。


【Cakewalk ソフトウェア ユーザー・サポート終了のお知らせ】
Cakewalk ソフトウェアのユーザー・サポートは、ティアック株式会社に移管いたしました。詳しくは、「Cakewalk ソフトウェア ユーザーサポート窓口移管のお知らせ」をご覧ください。


アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます