• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 74405
  • 公開日時 : 2014/01/10 17:03
  • 印刷

【 Cakewalk Home Studio 2004 】 MIDI データを編集していると、突然、意図しない音符やイベントが出現してしまいます。

カテゴリー : 

回答

スリップ編集された MIDI クリップがありませんか?

MIDI データを削除 / 切り取り / 分割すると、 MIDI クリップがスリップ編集された状態になることがあります。スリップ編集されたクリップは、クリップの外側にも MIDI イベントが存在します。このためスリップ編集の範囲が変わるような操作 ( 入力、編集、貼り付けなど ) をすると、意図しない MIDI データが出現したように見えます。
これを回避するには、以下の手順でスリップ編集されたクリップをなくしてから、 MIDI データの編集をしてください。
  1. すべての MIDI クリップを選択して、編集クリップのトリミングを実行します。
     
  2. 続けて、編集クリップにミックスダウンを実行します。

これで、スリップ編集されたクリップがなくなります。

オプション非破壊 MIDI 編集を実行して、このメニューのチェックをはずすと、新たなスリップ編集された MIDI クリップは作成されなくなります。
※ SONAR2.1 以降も同様です。
SONAR2.0 までは MIDI に対する編集はすべて非破壊でしたが、 SONAR2.1 から破壊 MIDI 編集モード / 非破壊 MIDI 編集モードの切り替えができるようになりました。初期設定は破壊 MIDI 編集モードです。

SONAR2.0 から SONAR2.1 や 2.2 へのアップデータは、弊社ホームページのサポートページからダウンロードすることができます。


【Cakewalk ソフトウェア ユーザー・サポート終了のお知らせ】
Cakewalk ソフトウェアのユーザー・サポートは、ティアック株式会社に移管いたしました。詳しくは、「Cakewalk ソフトウェア ユーザーサポート窓口移管のお知らせ」をご覧ください。


アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます