• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 73511
  • 公開日時 : 2009/05/20 17:35
  • 印刷

【 AT-100 】 なぜ他の2段鍵盤のオルガンよりも下鍵盤の音域が広く設計されているのですか?

回答

  • 下鍵盤をスプリット機能で2~4パートに分けて、それぞれ異なる音色を振り分け、多彩な演奏が可能。

    音色切り替えをせず、鍵盤の位置だけで色々な音を引き分けられますので、1段で3段鍵盤、4段鍵盤に匹敵する演奏が可能です。

  • 広い下鍵盤とダンパー・ペダルにより、ピアノ曲の演奏にも対応可能。

    AT-500は64鍵、AT-300とAT-100は61鍵の鍵域があり、ピアノの表現力をより高めた演奏を可能にしています。
     

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます