• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > A ではじまる型番 > AR-3000 > 【 AR-3000 】 AR-3000 を RS-2322C 端子を使って制御する場合、コマンドを送信してから動作するまでの反応スピードが選択しているフレーズによって違います。なぜでしょうか?
  • No : 73444
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 AR-3000 】 AR-3000 を RS-2322C 端子を使って制御する場合、コマンドを送信してから動作するまでの反応スピードが選択しているフレーズによって違います。なぜでしょうか?

回答

反応スピードは、フレーズの RDAC グレードと RDAC モードによって違います。従って、RDAC グレードと RDAC モードが異なるフレーズが記録されている場合、そのフレーズの設定によって反応スピードが異なることになります。

反応スピードを同じにするときは、記録されているフレーズの RDAC グレードと RDAC モードを同じにしてください。

一般に、RDAC グレードと RDAC モードのクオリティが高くなるほど、反応スピードが遅くなります。H-Linear, S-High のフレーズでは、コマンドを受信してから応答が完了するまでに 1.8 秒ほどかかります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます