• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 73425
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 AR-20P 】 外部タイマーを使って AR-20P のフレーズを指定の順番に再生することはできますか。

回答

はい、可能です。

AR-20P のフレーズの再生方法としては、端子に割り当てたフレーズを直接再生する「ダイレクト再生」による方法と、
START / STOP 端子を使う方法があります。それぞれにつき、以下にフレーズを指定の順番に再生する方法を説明します。

  1. ダイレクト再生 による方法
    各端子に外部タイマーをつなぎ、指定のフレーズを指定の時間に再生させます。
    ただし、外部タイマーでダイレクト再生をする場合は、9 - 16 に録音したフレーズを再生します。
    1 - 8 のフレーズは再生できません。
  2. START 端子/ STOP 端子 を使う方法
    外部機器からフロント・パネルの再生ボタン/停止ボタンを押すのと同じ操作にあたります。
    従って、この操作だけでは複数のフレーズを順番に再生することはできません。

    ただし、 AR-20P 内蔵のインターバル・タイマーを使用すれば、フレーズ選択ボタンで選んだ複数のフレーズを
    連続再生することができます。
    また、バイナリ信号を使えば、最大 250 個のフレーズ中から再生したいフレーズを選択することが可能です。
    ご参考 :
    AR-20P 本体で 16 個のフレーズを録音すると、フレーズ番号 1 - 16 番に録音されます。再生は、バイナリ再生を用いて 17 番以降のフレーズも可能ですが、AR-20P 本体では 17 番以降にフレーズを録音することができません。

    そこで、ARE-3000 AR カード・エディター を利用して 17 番以降にフレーズを作成します。ARE-3000 では、 WAV 形式のデータを RDAC 形式 (AR-20P で再生できる形式です) に変換することができます。
    RDAC 形式に変換したフレーズを 17 番以降にすることにより、バイナリ再生を用いて再生することができます。

    ARE-3000 は、弊社ホームページのサポートページから ARE-3000 AR CARD EDITOR をダウンロードしてください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます