• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > A ではじまる型番 > AR-200 > 【 AR-200 】 1番のフレーズを再生するため、COMMON端子と1番端子をショートしましたが、フレーズは再生されません。(または、フレーズの番号だけが変わってしまいます。)
  • No : 73345
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 AR-200 】 1番のフレーズを再生するため、COMMON端子と1番端子をショートしましたが、フレーズは再生されません。(または、フレーズの番号だけが変わってしまいます。)

回答

制御入力モードが、カウント再生になっています。(または、バイナリ再生)

メイク信号で、フレーズを直接再生させたいときは、制御入力モードをダイレクト再生に変更してください。

<参考>制御入力の種類(メイク信号による再生)

ダイレクト再生スイッチなど
カウント再生複数のフレーズをあらかじめ設定された順序で、1つのメイク信号で再生する。
バイナリ再生バイナリ信号(メイク)で再生するフレーズを選択し、スタート信号(メイク)で指定したフレーズを再生させる方法
インターバル再生希望するフレーズを一定の再生間隔でくり返し再生する。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます