• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 73301
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 AE-7000 】 ワードクロック端子は、どのように使うのですか?

回答

アナログ・オーディオ信号をデジタル・オーディオ信号に変換する際には、極めて小さい時間ごとに区切ってアナログ信号のサンプルをとり、それぞれをデジタル信号へ変換します。ここで 1秒間をいくつに分割して処理しているかを表すのが、サンプリング周波数です。

デジタル・オーディオの信号処理を複数の機器間で精度良く行うためには、この区切り方を同期させる必要があります。そのために送られる信号がワードクロックです。

同期させる際には、機器間に主従関係ができます。スレーブとして使う機器に、複数のデジタル・オーディオ入力端子がある場合は、どこからの入力信号に同期するのかを設定します。

通常、 2台の機器同士でデジタル・オーディオ信号をやりとりするには、それぞれの機器をデジタル・オーディオ・ケーブル(オプティカル・ケーブルやコアキシャル・ケーブルなど)で接続して、接続する機器の片方をワードクロック・マスター、もう片方をワードクロック・スレーブと設定します。このとき、ワードクロックは、オーディオ信号と同じ経路で伝達されます。

また、オーディオ信号とは別の経路(ワードクロック端子)で、ワードクロックを配信して、 1つのワードクロックで、全機器を同期させる方法もあります。 3台以上の機器を同期させる場合などに用います。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます