• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • カテゴリー/型番 > A ではじまる型番 > AD-5 > 【 AD-5 】 入力端子は、ピエゾ・タイプとマグネチック・タイプの 2つがありますが、一方にコンデンサー・マイク、もう一方にエレクトリックアコースティック・ギター用のピックアップを同時に接続して、両方の音をブレンドしようと考えています。どのように接続すればいいでしょうか?
  • No : 73284
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 AD-5 】 入力端子は、ピエゾ・タイプとマグネチック・タイプの 2つがありますが、一方にコンデンサー・マイク、もう一方にエレクトリックアコースティック・ギター用のピックアップを同時に接続して、両方の音をブレンドしようと考えています。どのように接続すればいいでしょうか?

カテゴリー : 

回答

エレクトリックアコースティック・ギター用のピックアップには様々なタイプがあります。接続の際に問題となるのは、各ピックアップの出力インピーダンスです。
以下、タイプごとに AD-5 との接続について説明します。


マイクタイプ
コンデンサー・マイクは出力インピーダンスが低いため、ピエゾ入力端子、マグネチック入力端子のどちらにでもつなぐことができます。


その他のタイプ
エレクトリックアコースティック・ギター用のピックアップは、マグネチック・タイプやピエゾ・タイプなど様々です。

  • パッシブのピエゾ・ピックアップ (プリ・アンプがないタイプ) の場合は、出力インピーダンスが高いため、必ず AD-5 のピエゾ端子に接続してください。
    ご参考:
    AD-5 では、ピエゾ用入力端子の入力インピーダンスを、マグネティック用入力ジャックに比べ相当高く設定しています。
  • パッシブのマグネット・タイプのものは、マグネット端子に接続します。
  • プリアンプがついているタイプのものは、出力がロー・インピーダンスになっていますので、ピエゾ入力端子、マグネチック入力端子のどちらにでもつなぐことができます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます