• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 73209
  • 公開日時 : 2009/04/01 10:00
  • 印刷

【 A-6 】 ハード・ディスクをフォーマットする際に「QUICK」か「FULL」を選択しますが、これは何が違うのですか?

カテゴリー : 

回答

フォーマット・タイプ「QUICK」を指定した場合は、ハード・ディスクの論理フォーマットを行います。論理フォーマットとはハード・ディスクをA-6で使用するための管理情報を書き込む作業で、その際に録音してあるデータはすべて消去されます。作業時間は約10~20秒程度です。

フォーマット・タイプ「FULL」を指定した場合は、物理フォーマットと、論理フォーマットを行います。物理フォーマットとは、ハード・ディスク上の全ての領域に記録されている内容を初期化(消去)します。正しく読み書きができない領域がある場合、それを使用しないための処理を行うことがあります。作業時間は10分以上かかります。

通常は「QUICK」フォーマットを行い、それでも問題が解決されない場合(録音再生が正常に行われない場合)などに、「FULL」フォーマットを実行することで、不具合が解消される場合があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます